ARC

●特別養護老人ホーム「亀岡園」での彩色ケア
 社会福祉法人利生会様が目指しておられる『笑顔とふれあい・・・「心」温まる施設』づくりのサポートを、「色」を楽しんでいただきながら実施しています。

          社会福祉法人利生会「亀岡園」ホームページへ
 ●職員カラー研修(平成29年2月9日)
   
 ●職員カラー研修(平成28年9月8日)
 ●亀岡園 夏まつり(平成28年8月20日)
  
  
 ●職員カラー研修(平成27年12月8日)
   
 ●職員カラー研修(平成27年7月9日)
   
 ●職員カラー研修(平成27年1月24日)
   
 ●職員カラー研修(平成26年11月13日)
   
 ●職員カラー研修(平成26年9月1日)
   
 ●入所者のみなさんと一緒に(平成26年8月14日)
   
   
 ●入所者のみなさんと一緒に(平成26年7月10日)
   
 ●職員カラー研修(平成26年3月4日)
     
  
 ●入所者のみなさんと一緒に(平成25年2月19日)
  
  
 入所者のみなさんと一緒に漢字一文字を書き、その字から連想する色を表現していただきました。みなさんの人生を垣間見るようなひと時でした。
 ●職員カラー研修(平成25年1月29日)
   
 ●職員カラー研修(平成24年12月17日)
   
 ●入所者のみなさんと一緒に(平成24年11月26日)
 
 
 入所者のみなさんと一緒に「色カルタ」を楽しみました、職員の方々もカラー研修の成果が発揮されていました。
 ●夏まつり(平成24年8月20日)
  
  
    
 夏まつりでは、来場者の方々にパーソナルカラー診断を行ったり、絵具を使ってのうちわづくりやマニュキュアで楽しんでいただきました。入所者のみなさんの笑顔がとっても印象的でした。
 ●職員カラー研修(平成24年5月31日・6月21日)
 亀岡園のユニホームをスタッフのみなさんと一緒に考えてみました。
 ・園の理念と合った色
 ・施設の空間との調和
 ・入所者のみなさんを和ませる
 ・パーソナルカラーを基に、おしゃれ感を表現する
をコンセプトにして色やデザインを決めて決定しました。
 ●職員カラー研修(平成24年3月15日・4月16日)
   
  
 回想療法として効果があるといわれている「色カルタ」を使っての研修を実施しました。3月15日には色彩ケアとして活用できるようにスタッフがチャレンジしました。
 4月16日には入所者の方々が、色カルタでそれぞれの人生を振り返り、明るく輝いていた時代の記憶を思い起こすなど、回想療法の効果が確認できました。
 ●職員カラー研修(平成24年3月15日)
     
  
 今回は漢字を一文字書いていただき、その字を色で表現してみました。
理事長の「風」という字は、さわやかな風というテーマから、”黄緑・ピンク”をイメージしました。
 市川さんの「新」は四月から一年生、子どもも私も不安がいっぱいの新入生のイメージを”桜色”で表現しました。
 ●職員カラー研修(平成23年12月14日)
  
  
  クリスマス会をかねて、楽しみながら色を学ぶ研修会を実施しました。
カラーアナリストがパーソナルカラーでコーディネートした手作りのニット作品を
理事長やスタッフにプレゼントしたり、イメージの違うビーケを使って6タイプカラーシステムの研修を行い、終了後抽選でみなさんにプレゼントするなど楽しく学べました。
●パーソナルカラーでいきいきと(平成23年11月8日・16日) 
   
   
   
カラードレープを使って色のイメージを語ってもらい、パーソナルカラーを診断。御自分に似合う色のマニュキュアでいきいきとした表情に・・・ 
 ●夏まつり(平成23年8月20日)
   
   
 夏まつりでは、高齢者の方々やそのご家族と一緒に「色を楽しむ」イベントを実施しました。絵具を使ってのうちわづくりやマニュキュアで参加者も笑顔に・・・
パーソナルカラーでコーディネートしたスタッフのゆかたも好評でした。
●職員カラー研修(平成23年4月〜)
  
 スタッフの皆さんは、「彩色ケア」を理解することに最初はとまどっておられましたが、色を学ぶことで徐々に「色の不思議」に興味を持ち始めてくださいました。
 介護する側の皆さまが、色を通して五感を刺激させ豊かな感性を目覚めさせ、利用者の方々に接していただくと、色は波動ですからまわりに心地よさが伝わっていきます。
 社会福祉法人利生会「亀岡園」ホームページへ